スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

覇権

先が見えねえ。
スポンサーサイト

アニメ「ご注文はうさぎですか?」感想

中途半端だったのを発掘。気力があれば後日追記していく。









【第1羽「ひと目で、尋常でないもふもふだと見抜いたよ」】
 (公式サイトあらすじ)
 この春から高校へ通うべく新しい街へやってきたココア。道に迷い偶然喫茶「ラビットハウス」へ入るが、実はそこが彼女の住み込むことになっていた喫茶店だった。ラビットハウスの一人娘・チノ、アルバイトのリゼともすぐに打ち解け、ココアの賑やかな新生活が始まる。


 1羽です。話じゃないのです。
 西っぽいけど無国籍な街並みにのっけからキョトン顔になりますが、一巻あとがき曰く好きな世界観のいいとこ取りだそうで。不思議時空ならなにも問題はありませんね。
 何気に青山さんともエンカウントしていたり。
 ココアの道に迷ってもお気楽なところには親近感。見知らぬ街って歩いてるだけですっごく楽しいですよね。
 かと思えばいきなり妄想に耽りだし、喫茶店へ入ったのに兎を探して奇行に奔る様子はチノじゃなくても(なんだこの客……)ってなることでしょう。
 

~♪~
 心ぴょんぴょんMagic!✧ヾ(❀╹◡╹)ノ゙考えるふりして(*≧o≦)bもうちょっと♡近づいちゃえ!☆♡ヾ(*’∀`*)ノ♡
 簡単には教えない(/≧∇)/\(∇≦\)/♪♡こんなに好きなことは✧:.゚٩(๑>◡<๑)۶:.。♡内緒なの~!(ヾ(๑ゝω・)ノ♡
~♪~


 はい、初回から飛ばす人も居ないと思いますが飛ばせないOPです。聞き慣れてくるとあっkawaii意外の感想は無くなりますね。
 もじゃもじゃって言うとなんだかアフロみたい。ティッピーのこと兎とはいえこれ呼ばわりはいいんかいとも思いますが、人で数えられないし孫から祖父へこの子とも言えないし、やっぱいいのか……。兎としても「一応」がつく漫画的容姿。
 爺♀兎化って一体どの辺に向けた需要なんですかね。やたら頬染めるのはカワイイですけど。
 注文を聞かれて早速欲望へ正直になるココアもココアだし(タイトル回収)チノは商魂逞しい。
 大人買いしたり知ったかぶって恥かいたり、チノからの第一印象としてはちょっといいとこなしですね。
 
 ティッピーの滝汗とココアのトロ顔。ふくわじゅつって、すげー!
 それにしても感情表現豊かな娘ですよ。人から好かれるか嫌われるか凄くはっきり分かれるタイプ。
 ご奉仕、の単語の選び方がとってつけたような。
 話は最後まで聞きましょうね、と気が短い人ならこの辺でもうイライラしだすところですけど、流石若くして学業とバイトの両立しているだけあってチノちゃんは偉いわぁ(近所のおばちゃん)。
 ココアがやたらとお姉ちゃん扱いされたがるのは末っ子特有の憧れなんでしょうね。ほほえまー♥

 軍人キャラを推してくるお姉ちゃん、リゼの登場です。
 下着姿でも堂々たる立ち姿。
 完璧に気配は消していた筈なのに……とか言ってるのを察知したココアが凄いのか、身体能力は高くても結構ポンコツなところもあるリゼの隠れ方が下手だったのか、まあ後者じゃないでしょうか。
 ココアは怪しさで人のこと言えないよね。
 
 着替えに尺取るアニメは良いアニメ。贔屓目抜きでも似合ってるぅ。
 あっあのサー!(誤用)リゼもお姉ちゃんぶりたいタイプだとわかります。
 重さのくだり、これほんとひと目でリゼのコンプレックス見抜いた上で言ってるとしか思えないココアの発言ですけど、それにしたってもうちょっと頑張って持とうぜ。
 瞬間記憶や利き珈琲も凄いけど、逆から見たノートの問題即答できたり暗算の速さも負けていません。
 リゼの台詞「意外な特技を……」の前に原作ではついてるやつが削られてます。優しい。
 
 Bパート。
 若い女の子の店員さんが明るく元気よく挨拶できたら、それだけで第一印象はクリアでしょう。おドジを飲み込めば接客は天職ですね。
 心だけじゃなく両手もぴょんぴょん。お年頃な欲求不満さではリゼの妄想も逞しい。チノの赤面も意味深です。
 
【も ふ も ふ 喫 茶 !!(雷鳴効果音)】

 はどうなんですかね。いやセンスというかノリは好きなんですけど。
 お調子者の本領をどんどん発揮していくココアはあっという間に馴染んでます。
 ラテアートってお洒落ですけど、なんだか飲むのが勿体無くなっちゃいますよね。
 事ある毎に写真撮ってネットにアップしたがるのは立派な現代病だと思うんですけど、時代が時代ならそれは一句詠むとかだった訳で、悪いことばかりでもなく。
 脱線。
 アニメ的演出とはいえ飲食物をそんな激しい扱いしちゃっていいのかと思いますけど、練習だしいいのです。ちゃんと全部飲む方が大事。
 人間技じゃないよぉの直後にやる気を出すココアのガッツは相当です。
 ごく一部にだけウケて、人が再現することも難しいヘタウマセンス、あるある。
 じゃチノちゃんの画力はといえば……原作2話のサブタイで回収されているのです。ぱねえ。

 着替えシーンに尺を(ry
 羨ましくなっちゃうリゼのかわいさ。
 どうでもいいんですけど、ひっつめ髪大好きでして。
 歩くダンディーなお父さん、表舞台は娘っ子たちへ任せて颯爽と引っ込みます。受け渡されるバトンのようなティッピー。
 裏社会がーとかノリだけで何も考えてない発言しても適当ながらちゃんと相手してもらえるって凄い幸せなことよ。
 
 ここでのお姉ちゃん呼びはチノがしつこさに折れたというよりは、早々に心を開かせたココアの功績でしょうね。いやでもやっぱしつけえ! 一回気を許したらすぐ調子に乗るんだからもー。
 更衣といい入浴といい1羽はお色気要素が(後と比べると)高いです。
 お話するの苦手な自分でもちゃんとお喋りで楽しませることができるかしら、とつい真剣に考え過ぎちゃうチノちゃんはかわいい。
 一方のリゼちゃんisわたし。一人寝の寂しさが身に沁みますな。

 パパりんとティッピーのやり取りも毎回短いながら好きなんですよね、気心知れた大人の会話。単に男臭さの補給、だけでもなく。
 食い気かよ……って落とした直後街のことを褒めて持ち上げるココアのテクは、移り気なのが良く働いて、人タラシの片鱗が見え始めていました。結構多芸!
 アバンタイトルにも遊びゴコロがちゃんとあって〆も気持ちいい。
(まとめ)
 ココアのキャラ立ちに浮かんだ疑問符はまだ消えませんが、全体の掴みは上々ではないかと。



【第2羽「小麦を愛した少女と小豆に愛された少女」】
 (公式サイトあらすじ)
 新しい学校への登校中にココアは和服の女の子・千夜と出会う。和菓子に奇抜な名前を付ける趣味を持っていたり、通う高校が同じだった千夜とすぐに仲良くなったココアは、早速休日に彼女をラビットハウスへ招きチノ・リゼと共にパン作りを始める。

 シスターコンプレックスって略さず言うのは逆に珍しいですよね。
 響きがかっこいいからって意味もよくわからず連呼しちゃうのは小学校で卒業しよう!でも嫌いじゃないわ。
 アニメ化にあたって台詞じゃない欄外の文字は省略されているので若干わかりにくいですが、フツウ、優等生、フリョウっぽくの一人ファッションショーらしい。
 漫画的表現のキラキラ、いわゆるしいたけ目ってのがありますが、単行本カラーの時はしいたけというよりもっと十字架っぽいお目目で不思議と味になっています。アニメでは単なるキラキラ寄り。
 流石にティッピーが潜り込める帽子はないんじゃないかな……。
 マヤとメグが初お目見えですがちょっとだけ。

 リゼvsココア、勝負するのはメンタルです。いくらなんでもそんな頻繁に出くわしてて自分が迷ってるのに気付かないとは。
 ココアはただでさえ移り気なのにその上大好きなうさぎが野良でいっぱい居る通学路じゃ、この先どんどん時間にルーズなことになりそう。初対面の人からホイホイ物もらったりするし、悪い人に目をつけられたらきっとめちゃくちゃチョロい。

 和風お嬢、千夜の登場です。
 ココアの天然が「静」のボケとすれば千夜の方は「動」のボケ――芸人魂とサービス精神に溢れた、弄る側のボケなのです。そんな子。
 とぼけているようでいて、案外褒め上手なココア。千夜の「あったかそう」はすぐ連想できますけど「深みを感じる」ってなかなかぱっと出てこないと思うんですよ。
 意味分かんないけど、って結局何も考えてないのかもしれませんが、それ以上に波長が合ったのは見ていても伝わります。変な趣味にもすぐに馴染む。
 人の話を聞かないココア2nd。千夜の体力は底辺らしい。
 うっかりとはいえ、後に鬼畜和菓子と呼ばれる片鱗がこの辺りで見え始めます。
 
 Bパート。
 学校内でも早速迷子ってきみ、早々に友達作れてほんとよかったね。
 ココアの実家はパン屋さん。彼女が可愛いと思ったものに対して満遍なく発揮する強バイタリティは、パン作成にも発揮されるらしく……?そんなお話。
 
 アンゴラウサギって品種はなんと実在する。マジで毛玉でした。
 チノのツッコミがいちいち厳しい。まだまだデレには遠いです。
 千夜の唐突な方言に草。
 ビッグもちもち。
 一時間律儀にその場で待ってるあたりがまた。
 きゃっきゃウフフと姦しく作っている描写、そりゃ楽しいに決まってます。

 Cパート。
 王冠なんぞ被ってどうにも態度がでかいんだこの兎。後にココアも酷い目に遭うし。
 ティッピーの性別がここで言及される訳ですが、これもTSFに入るんでしょうか。
 ノーヒントで呪文のようなメニューを解読するココアは大したものです。
 ていうかこれ千夜自身はいいとしても描写されてないだけで他にもいる筈の店員さんは覚えるのめっちゃ大変だろうなぁ……。
 そして本日のコスプレノルマ。
 安易なコラボはやめろ、そう例えばラーメンとかな!!
 ティッピー以外の動物がチノに懐かない設定はほとんど活かされたことないですね。
 体のいい厄介払い説爆誕。爺はいい歳して食い意地張ってるんじゃないよ。

 ティッピーはチノパパと一緒にいたらどっちが親父なんだかわかりませんね。
 

 
【第3羽「初めて酔った日の事憶えてる?自分の家でキャンプファイヤーしようとしたわよね」 】
 (公式サイトあらすじ)
 カップを買いに来たココアたちは、リゼの学校の後輩で千夜の幼馴染・シャロと出会う。ある日、シャロがいかがわしいお店で働いているのではないかと心配する千夜の為、ココアたちはシャロのバイト先へ潜入することに。

 






検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。